体重を落とすことと痩せることの違いについて

女性にとってダイエットは一生の目標とも言える関心事ですが、ダイエットをするというと殆どの女性が、体重を落とすことを考えることでしょう。体重を少なくすれば、痩せることができると考えている人はたくさんいます。体重を減らしたいだけなら、水分摂取量を減らしたり、サウナで汗をたくさんかくだけで、1㎏くらいは簡単に減らせます。体の水分量を減らすことで体重を少なくしたとしても、その場限りのことであり、水分を補うだけで体重が増加してしまいます。体重の増減と、体が痩せるかどうかは、連動してはいても、同一のことではありません。人間の体は、体脂肪のたまり具合に応じて、体重が増えたり減ったりしています。脂肪の付き方には体質により異なり、皮下脂肪は皮膚の下に脂肪が付いた状態で、女性に多いのは太ももやお尻など下半身の脂肪です。一方、内臓の周りに蓄積される体脂肪を内臓脂肪といいます。様々な形で体脂肪が増加することで、体重が増加していきます。体脂肪を減らすことを重視してダイエットをすることが、痩せるためには必須のことといえます。健康を維持するためにはある程度の皮下脂肪も必要ですが、量が多すぎるとセルライトの増加に関わってくるため、多すぎないように体脂肪量をコントロールすることが、体のためには大事です。糖質や、炭水化物を摂取しすぎると内臓脂肪の増加の要因になりますが、内臓脂肪は燃焼しやすい脂肪でもあります。体内に蓄積された脂肪を減らして痩せるために、運動をしつつ、食事は低カロリーを心がけ、健康的な生活を送るようにしましょう。

投稿日: