体重を落として痩せるために気を付けたいこと

体重が重いからとかスタイルが悪いから痩せたいという理由でダイエットに取り組む場合が多いようです。しかし、よく考えてみると、体重が軽いことが美しいスタイルになるとは限りません。人はひとりひとり個性があり、好みや趣向が違うので、美しいスタイルであると感じる体型も、それぞれ違っているのが当たり前です。日本では、女性の美しさを体型のスリムさと連動させて考える価値観がスタンダードなものになっているため、女性の多くは痩せることが美への道だと考えています。そもそも痩せることできれいになりたいという気持ちが動機だったはずなのに、痩せさえすればきれいだろうという考えで、闇雲に痩せようとする女性が多いことが指摘されています。しかし、痩せることだけを重視してダイエットをしていると、運動のしすぎで体調を崩してしまったり、食事の量を減らしすぎて健康を損ねてしまうなどの弊害が発生します。間違ったダイエット方法で一番恐ろしいのが、摂食障害になってしまうことです。摂食障害の中にも過食症や拒食症など、様々な症状に分類されますが、どれも痩せることに執着しすぎたことによって起こる障害です。摂食障害を起こしてしまっては、健康的に痩せること、美しいスタイルであることとはかけ離れてしまいます。どんな体型になることが、自分にとってダイエットのゴールにしたいのかを、考えた上でダイエットをしましょう。美しくなるために痩せるなら、体重を減らすことのほか、体型を整え、体を引き締めることができるようなダイエットをしましょう。太り気味の人が、きれいになるために痩せること自体は適切な行為ですが、きついダイエットをやり過ぎると、心身両面からストレスがかかって、ダイエットが続けられなくなってしまいます。

投稿日: